ドラマ『SP 八剱貴志』

TBSのテレビドラマ「SP 八剱貴志」の撮影を支援いたしました。

監督 村田忍
脚本 武井彩
出演 舘ひろし
岡田浩輝、金児憲史、永池南津子、池田努、中西良太
寺田農
大杉漣
萬田久子
企画 古賀誠一
編成担当 福田健太郎
プロデューサー 山田大作、竹中美保
製作 オスカープロモーション、TBS

撮影場所:東京都庁

放送日:2015年8月31日21:00~


ストーリー

警視庁警備部警護課に勤務するSP(Security Police)八剱貴志(舘ひろし)警部は「女性自立プロジェクト国際交流会」会場で、シンガポールからのゲスト議員を招く吉峰佐和子(萬田久子)東京都知事の警護に付いていた。
ガーデンパーティの会場では、議員への花束のプレゼンターとして佐和子の愛娘・希望(木村心結)も呼ばれ、まさにこれから式典が始まろうとする寸前に、事件が起こる。
サイレンサーのライフルから発射された銃弾は地面に「ビシッ」と被弾。
異変にいち早く気付いた八剱の「伏せろ」という声だけが会場内に響くが、佐和子を始め多くの人が状況を判断できない中、シンガポールのSPが撃たれたことで、会場内はパニックとなる。
恐怖におびえた希望が、佐和子に駆け寄ろうとした瞬間、危険を察知した八剱が佐和子を引き止め伏せさたと同時に花束が散った。
あろうことか母親・佐和子の目の前で娘は帰らぬ人となってしまう。
忌まわしい事件から4年。
八剱は自らSPを退き、警視庁遺失物センターの窓口係として働いていたが、佐和子が東京都知事に再選したことで、新たな指名が下される。
佐和子の公約は「新都庁検札計画」を撤廃し、その分を都民の暮らしに充てるという政策だが、建築業者からの反発は必至で、新都庁建設中止を撤回しなければ「命は無い」という脅迫文も都知事宛に送りつけられているという。
その最中に、都知事秘書・里見祐一(前川泰之)が帰宅途中に車でひかれそうになるという事件が起こる。
いつ都知事が襲われてもおかしくない状況に、警視庁はSP強化を図る。    
八剱は、復帰を迫る横尾昭一(中西良太)警視庁警部部長の勧めを拒むが、警視総監直々の命令で、佐和子も納得しているとの話では拒む理由が見つからない。
八剱の同僚で警視庁捜査一課の本郷毅(大杉漣)にも背中を押され、SPに復帰することを決意するのだが、職務を全うするためとはいえ、小さな命を救うことすら出来なかった八剱は心の奥底で「迷いがある人間に、人を守る仕事が務まるはずが無い」と、葛藤する。
一方、かつての部下で警備の指揮をとる仙堂繁之(岡田浩暉)や部下たちは「いまさら何故」と、八剱の復帰に難色を示す。
さらに佐和子は脅迫に屈することなく「新都庁検札計画撤廃」を推し進めるが、反対派の抗議は過激になっていく。
八剱は身内からの逆風を受けながら都知事の警護にあたるのだが、極秘とされているスケジュールがもれているのか?訪問の先々で事件が起こる。
八剱は身を挺して都知事を守ろうと奔走するのだが…。

撮影風景

img_07472_01.jpgimg_07472_02.JPGimg_07472_03.JPG

支援作品

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます