映画 「人類資金」(КИНО・キノフィルムズ)

映画 「人類資金」(КИНО・キノフィルムズ)
「人類資金」 2013年10月19日全国ロードショー
「人類資金」 2013年10月19日全国ロードショー

映画『人類資金』の撮影に協力しました。

制作 КИНО・キノフィルムズ
監督・脚本 阪本順治
原作・脚本 福井晴敏
出演

佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、
観月ありさ、石橋蓮司、豊川悦司、寺島進、三浦誠己、
岸部一徳、オダギリジョー、ユ・ジテ、ヴィンセント・ギャロ、
仲代達矢 ほか

公開

2013年10月19日(土)

ロケ地 りんかい線(東京高速臨海鉄道)トンネル内


「10兆円で世界のルールは変えられるか?」 エコノミック・サスペンス大作、遂に完成


原作・福井晴敏×監督・阪本順治。『亡国のイージス』のコンビが再びタッグを組み、国内はもちろんロシア、タイ、アメリカでロケを行った大作映画。ついに完成しました!

【ストーリー】
「M資金は、本当にあった」――M資金専門の詐欺師だった父が、謀殺される間際に残した言葉。その跡を継ぐようにM資金詐欺に手を染めながら、真舟雄一の胸には常に拭いがたい疑問があった。父を殺したのは誰か、戦後日本を裏から支配してきたM資金は実在するのか。そんな彼の前に、“財団”の使者と名乗る男・石が現れる。“財団”とは、M資金を管理運営する日米秘密機関の俗称。初めは取り合わなかった真舟だが、次々に起こる異常事態に巻き込まれ、M資金をめぐる争いに宿命的に引き寄せられてゆく。M資金の秘密を守るためには武力行使も厭わない防衛省の工作員たち。彼らと敵対し、「M資金を“財団”から盗み出してもらいたい」と真舟に依頼する謎の男“M”。果たして財団とは何なのか?そしてMの本当の目的とは?幻のM資金を盗み出す計画は、世界を支配するグローバル・キャピタリズムを向こうに回した壮大な戦いへと発展する――。

撮影風景

りんかい線のトンネル内にて、佐藤浩市さん、森山未來さんが追っ手から逃げる緊迫のシーンが撮影されました。

終列車を待って、始発電車が走るまでのわずか数時間での撮影。トンネル内では皆ヘルメットの着用が必須となり、撮影機材は手で運ぶしかない…。決して楽な現場ではありませんが、安全を最優先に、多くの皆さんのご協力を得て、時間内でやり遂げることができました。

普段は列車が走っているトンネル内での撮影は都内でも大変珍しく、その臨場感はスクリーンを介して更に倍増!ぜひ映画でご確認いただきたいシーンです。

〈実際のトンネルの中で行われた撮影〉

img_06840_04.jpg    img_06840_03.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

支援作品

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます