映画『R100』

映画『R100』
映画『R100』

映画『R100』の撮影に協力しました。

制作 吉本興業株式会社
配給 ワーナー・ブラザーズ映画

監督
脚本

松本人志
出演

大森南朋
大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり
冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美 ほか

公開

2013年10月5日(土)より

ロケ地 日比谷公園
  • 公式ホームページはこちら
  • 最新情報はここでチェック。Facebookページはこちら
  • 公式ツイッタ―は@r100movieからフォロー!


『さや侍』(’11)に続く松本人志の監督第4作。日本を代表する演技派俳優・大森南朋を主演に迎え、豪華女性キャスト陣とこの世のものとも思えない美しいセットで繰り広げる、奇想天外なストーリー。海外での公開も決定し、注目を集める本作品を東京ロケーションボックスが支援しました。

〈ストーリー〉

都内有名家具店に勤務する片山貴文(大森南朋)には秘密があった。

それは、謎のクラブ「ボンデージ」に入会してしまったということ。以降、様々なタイプの美女たちが片山の日常生活の中に突然現れ、彼をこれまで味わったことのない世界へと誘っていった。しかし内容は次第にエスカレートしていき、女性たちは彼の職場や家庭にも現れるようになる。耐えられなくなった片山はプレイの中止を求めるが、一向に受け入れられない。

さらなる予測不可能の事態が次々と巻き起こる中、果たして彼の運命はーー!?



img_06852_02.jpgimg_06852_03.jpgimg_06852_04.jpg

 

〈撮影の様子〉

日比谷公園にて、主演の大森南朋さんが、大噴水から突如として現れた美女によって水中へ引きずり込まれるという妄想シーンの撮影が行われました。

1月下旬の夕方から夜にかけて寒風吹きすさぶなか、俳優さんが水浸しになるシーンのため、撮影準備は入念に行われました。美術部や助監督の方たちはウエットスーツを着て(!)ダミー人形を水中にセッティングしながらリハーサルを繰り返し、出演者の方々は小さな電気ストーブでささやかな暖を取りながら本番へ向けて集中を高めていきます。

その甲斐もあり本番は無事1回のテイクでOK!真冬の冷水を浴びた出演者のお二人でしたが、用意されたバスタオルにくるまれ、すぐに次の撮影の準備へと向かいました。

当シーンを始めとしてキャスト・スタッフが一致団結し、摩訶不思議なシーンも満載の本作。是非、劇場にてその世界観をご堪能ください!

支援作品

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます