映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(東宝)

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(東宝)

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の撮影に協力しました。

制作 フジテレビジョン、アミューズ、小学館、東宝、ROBOT
監督 小泉徳宏
脚本 吉田智子、小泉徳宏
音楽
プロデューサー
亀田誠治
原作

青木琴美「カノジョは嘘を愛しすぎてる」

(小学館 「月刊Cheese!」連載)

出演

佐藤健

三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、吉沢亮、森永悠希

大原櫻子

谷村美月、勝村政信、相武紗季、反町隆史 ほか

公開

2013年12月14日(土)

ロケ地 隅田川テラス

 

 


450万部を超える大ヒットコミックがついに映画化!

『僕は妹に恋をする』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』と、それぞれ映画化もされた大ヒット作を生み出し、ティーンのみならず幅広い世代の女性から圧倒的な支持を集める青木琴美。そんな彼女の最新作にして、音楽業界の光と闇、天才の苦悩と切ない恋愛模様を描き、現在までに累計450万部突破の大ヒットを記録しているコミック「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が、ついに映画化されます。

【ストーリー】

「一目惚れって信じますか?」

天才サウンドクリエイターであり、大人気バンド「CRUDE PLAY」の元メンバーである小笠原秋(佐藤健)は、ビジネスとしての音楽の世界に嫌気がさし、自分の現状にもつまらなさを感じていた。そんなとき、ふと気まぐれに女子高生・小枝理子(大原櫻子)に声を掛け、自分の正体を隠したまま付き合い始める。最初は軽い気持ちだった秋も、理子の純粋な思いに惹かれ、真剣に付き合うように。そんな折、理子が「CRUDE PLAY」のプロデューサーでもある高樹総一郎(反町隆史)からスカウトされ、デビューすることに。実は理子は、天性の歌声の持ち主だった。

理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の、嘘から始まった恋が大きく動き始める――。

 

撮影の様子

主人公2人が出会う印象的なシーンが、隅田川テラスで撮影されたのは桜が綺麗な春先のころでした。川岸に沿って整備された隅田川テラスには、ロケ地として登場する画になる風景も多く、一度は歩いてみたい散歩道です。

img_06885_02.jpgimg_06885_03.jpg

 





 

支援作品

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます