映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(ピカンチ・ハーフ):ジェイ・ストーム

映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(ピカンチ・ハーフ)の撮影に協力しました。

制作・配給 ジェイ・ストーム
原案 井ノ原快彦
監修 堤 幸彦
監督 木村ひさし
出演 相葉雅紀、松本 潤、二宮和也、大野 智、櫻井 翔
水川あさみ、上島竜平、松原智恵子(特別出演)、秋山菜津子
井ノ原快彦 他
公開  2014年8月1日 TOKYO DOME CITY HALL 他、全国順次ロードショー
ロケ地 東京都京浜運河緑道公園内(かもめ橋)
公式サイト http://www.pika-nchi.com/

 


ストーリー

品川区のマンモス団地・八潮団地。ここで青春時代を過ごした5人・シュン(相場)、ボン(松本)、タクマ(二宮)、ハル(大野)、チュウ(櫻井)は大人になり、いつの間にかバラバラに。だが、ある出来事をきっかけに10年ぶりに再会することになった。

彼らの手には、10年前、それぞれの道を行く4人に、ハルが「これから辛い事、楽しい事があったら、このノートに書いて」と手渡したノート。この10年間つけてきたノートをもとに、お互いの10年を話し始める5人には、30代に突入し、あの頃にはなかった悩みが発生していた。
それぞれの悩み、そして10年ぶりに彼らが集まった理由とは…。

撮影の様子

2002年に公開した『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』、そしてその続編として2004年に公開した『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』。続編の公開から10年を経て、スピンオフ作品『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(ピカンチ・ハーフ)の公開が決定しました。

5人が再会するシーンの撮影は、八潮団地(八潮パークタウン)に隣接する、京浜運河緑道公園内で行われました。延長約2.5kmの緑道公園。大井競馬場駅から天王洲アイルまでモノレールの対岸を散歩できる公園は、地元の人の散歩や運動コースでもあります。今回第1作目にも登場するロケ地ということで、特別にセットを建てて撮影を行うことを許可いただきました。

前日に建てられたとは思えない、経年化による味がある喫茶店のセット。セットの周りには警備員がいましたが、オープンなセットのため、実際に公園の利用者の方に「もう開いてますか?」と聞かれたり、「そのまま残しておいたら?」と声をかけられることもありました。

近隣住民及び利用客の皆様においては、迂回へのご協力ありがとうございました。

支援作品

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます