映画『太陽の蓋』

映画「太陽の蓋」の撮影を支援いたしました!

監督 佐藤太
脚本 長谷川隆
音楽 ミッキー吉野
出演 北村有起哉、袴田吉彦、三田村邦彦、大西信満、中村ゆり、神尾佑、青山草太、菅原大吉、郭智博
プロデューサー 大塚馨
製作 橘民義
制作プロダクション 株式会社アイコニック
配給・製作 株式会社大風

ロケ地:都立大井ふ頭中央海浜公園

公開日:2016年7月16日ロードショー

公式サイト:http://taiyounofuta.com/index.html


見どころ

「史上最悪の危機」を迎えたあの日、官邸内で何が起きていたのか。
当時の官僚たちが実名で登場する究極のジャーナリスティック・エンターテインメント。

ストーリー

あの日、日本は消滅の危機に瀕していた。2013年3月11日午後2時46分。東日本大震災発生、福島第一原発では、全電源喪失の事態に陥った。冷却装置を失った原子炉は、温度が上がり続ける。チェルノブイリに匹敵する、最悪の事態が迫っていたのであった。
巨大な怪物へと変貌を遂げる原発に対して、想定外の状況を前に、判断を誤る科学者たち。情報不足のまま、混乱を極める官邸、そして故郷に別れを告げ避難を急ぐ市民たち。
打つ手のないまま、時は刻々と過ぎ、やがて無情にも地震発生から翌日の3月12日午後3時36分、1号機の原子炉建屋が水素爆発したのであった。
続けて3号機で、2号機で、連鎖するように起こる異変。
破滅に向けてのカウントダウンは、止まることを知らなかった・・・。

撮影風景

天気は曇りで「雨降らし」撮影には絶好の日。給水車と高所作業車を用意。カメラ・出演者もスタンバイok!というところでなんと曇り空から晴れ間がのぞいてしまい、撮影は中断に・・・。晴れると人口雨によって虹が出てしまうのです。撮影再開はなんと3時間後。日没までの勝負!みんな集中して見事1時間で撮影を終えました。

img_07752_03.JPGimg_07752_02.JPGimg_07752_01.JPG

支援作品

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます