台東区フィルム・コミッション特集


 今尚、下町の風情が残る、台東区。隅田川や上野公園などの観光名所が点在し、これまで多くの映像作品の舞台になってきました。それら名作の舞台裏で、日夜、撮影支援に勤しんでいるのが「台東区フィルム・コミッション」。
今回は、台東区の魅力と、フィルムコミッションの業務内容についてご紹介します。

台東区フィルム・コミッションとは

台東区がもつ豊富な観光・文化資源を撮影のロケ地として提供するため、映像作品の誘致活動や、映画・テレビなどの映像関係者への支援を行い、台東区の魅力を「映像」を通じて国内外に発信しています。
具体的には、区内のロケ地を紹介したり、撮影許可に関する相談を受けています。

映像を通しての台東区

他の地域にはない、台東区だけの魅力

江戸時代から大衆娯楽の一大中心地として盛隆を極めた浅草をはじめ、文化と芸術の杜・上野公園、昔ながらの町並みが残る寺町・谷中、そして様々な問屋が軒を連ねる浅草橋など、区内には見どころが集積し、四季折々の多彩な行事を通じて多くの方が観光や買い物に訪れています。
また、台東区には、三社祭・酉の市・入谷朝顔まつりなど、四季折々の様々なイベントがあります。下町の風情をぜひ映像に残してください。

台東区の人気ロケ地紹介

【台東区立隅田公園】
平成24年5月にオープンした東京スカイツリーのビューポイントとして絶景を誇る隅田公園。スカイツリー建設中から既に数多くの映画、ドラマ、CM、バラエティー、雑誌等の撮影媒体で使われてきました。区有施設の中では桜橋の撮影件数はダントツ1位を誇ります。










撮影実績:「タイガー&ドラゴン」(主演:長瀬智也、岡田准一)、「デカワンコ」(主演:多部未華子)


【金龍山 浅草寺】
毎日のように撮影が行われている浅草寺。“浅草寺からも見える東京スカイツリー”という新しい映像を求め、多くの撮影者が訪れます。最近では外国人観光客増加とともに、海外からの撮影者も多く目立っています。









撮影実績:「ボーイズオンザラン」(主演:丸山隆平)、「リーガルハイ」(主演:堺雅人、新垣結衣)


【東京都立上野恩賜公園】
不忍池、西郷像、桜並木など数多くの名所がある公園。寛永寺社殿と霊廟、東照宮、それに博物館や動物園、美術館など文化の薫り高い公園として親しまれています。





 



撮影実績:「花より男子」(主演:井上真央、松本潤)、「JIN-仁-」(主演:大沢たかお、綾瀬はるか)
 

フィルム・コミッション担当、平田さんの業務を紹介!

台東区フィルム・コミッション担当の平田大輔さん。
発足時から8年間に渡り台東区フィルム・コミッションを支えてきたベテラン担当者です。
全く違う業種から、この業界に入ったそうで、当初は業務に慣れるまで時間がかかったとのことです。休みの日を利用して台東区内全ての路地を、余す事なく写真を撮って歩いた経験から、今では区内のロケ地情報のエキスパートに!

この日は台東区が舞台の二時間ドラマのロケが浅草周辺で行われており、現場立会いを行っている平田さんのもとにお邪魔しました。









撮影場所でスタッフと共に交通整理を行う平田さん。映画やドラマの撮影では、スタッフや機材の量が多いため、一般の通行の妨げになる恐れがあります。撮影現場では、平田さんが常に目を光らせ、トラブル回避にあたっていました。
また、撮影がスムーズに進むのも地域の理解があってこそ。撮影当日は周辺住民への気遣いも忘れません。日頃から、コミュニケーションを図り、良好な関係を築いてきた平田さんだからこそできるお仕事です。


 






今回、撮影されていたドラマは、ほとんど全てのシーンが台東区で撮影されるため、平田さんも2週間ほど付きっきりで立会いを行うそうです。お忙しい中、取材対応して下さいました。


平田さんに聞く、撮影支援の裏

Q.撮影の許可をもらうまでに、どんな点に気を使いますか?
A.やはり街の理解を得るために、町会や地域の方のお宅に何度も足を運び、説明・調整を繰り返すときに一番気を使います。
例えば、映画「鍵泥棒のメソッド」(平成24年9月15日公開 主演:堺雅人)では台東区内で初めてのカーアクションシーンを試みました。道路が封鎖可能な場所を数か月前より捜し始め、制作者と何度もロケハンを行いました。
深夜から朝方までおよぶ撮影ということもあり、騒音の予防や、現場周辺施設への照明機材などの設置のお願いなど様々な難題を一つずつクリアし、無事に撮影に至ることができました。
結果的に、街の方々や、蔵前警察署の方々にも応援をしていただくことができたことは大変嬉しく、感謝の意で尽きません。

Q.これまで、かなりの数の撮影に携わられていると思いますが、地域の方々の理解を得るために、どのような努力をされていますか?
A.撮影地の近隣の方はもちろん、必ずその地域の町会や商店街にも事前に挨拶し、協力を依頼することで、円滑に撮影が進むように準備しています。
また、24年度から、撮影場所の情報提供など、制作段階から協力していただける町会や商店街等の団体を募集し、「たいとう撮影協力隊」として、ロケハン~撮影当日まで地域の方に協力をしていただいています。

Q.フィルム・コミッションの仕事で、どのような点にやりがいを感じますか?
A.撮影を支援した作品が実際に放映・公開され、その作品の中に私たちが携わったロケ地が登場したりすると、とても嬉しいです。
そしてなにより、台東区フィルム・コミッションの仕事は街の人との関わりが多く、みなさんが関わった作品を口コミなどを通じて広げてもらえることや、撮影で使用された店舗・商店街などが、撮影の実績を自慢のように掲げてもらえることが私たちのやりがいになっています。

Q.今後の目標などをお聞かせください。
A.今後はもっと区内各所のロケ資源を発掘し、台東区の魅力をいろいろな作品の中で表現していただけるようにしていきたいです。また、海外作品など、広く世界に発信できるような支援を行っていきたいです。


編集後記

今回の取材中、スタッフに温かい料理を振る舞おうとする方、朝早くから一緒になって立会いを行われている方など、撮影を温かく見守る地域の方々の姿が多く見受けられました。。
ここまで協力的な受け入れ体制を築いてこられたのは、台東区フィルム・コミッションの努力があってのこと。
地域の方々が、気持ちよくロケを受け入れられる環境作りが、台東区では実現しています。

平田さん、お忙しい中ありがとうございました。
 

台東区フィルム・コミッションのホームページはこちら!

かわら版

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます