【開催終了】ショートショート フィルムフェスティバル & アジア シネマミュージアム -秋の特別上映会-開催


米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)」(代表:別所哲也)は、第28回東京国際映画祭との連携企画として、「シネマミュージアム-秋の特別上映会-」を開催します。

東京都は、ショートフィルムの魅力を広めること及び若手映像作家の育成を目的に本イベントを共催しており、SSFF & ASIA 2015グランプリ受賞作品を含む6プログラムの上映、クリエイターを対象としたワークショップなどを実施いたします。料金はすべて無料です!

SSFF&ASIA シネマミュージアム
-秋の特別上映会-概要

■会場・日時
 東京都美術館(定員・各回230人)
  10月14日(水)~18日(日)
  ①10時30分~11時50分
  ②12時10分~13時30分
  ③13時50分~15時10分
  ④15時30分~16時50分
 アンダーズ東京51階アンダーズスタジオ
 (定員・各回65人)
  10月13日(火)~16日(金)
  ①18時50分~20時10分 
  ②20時30分~21時50分
■料金:会期中すべての上映・イベントは無料
■申込方法:ホームページにて受付中
※当日、先着順でのお席のご用意もございます。
■主催:ショートショートフィルムフェスティバル
     アジア実行委員会
■共催:東京都
■後援:J-WAVE

<上映作品のご紹介>

■審査員が選んだショートフィルム プログラム(SSFF & ASIA 2015受賞作品)
SSFF & ASIA 2015オフィシャルコンペティション審査員が選んだグランプリを含む受賞作品と、CGアニメーション部門の優秀賞作品などを上映。グランプリ『キミのモノ』はイランの2人の少年のやりとりを描いた優しくなれる作品。
img_07496_01_cloudy.jpg.jpg『キミのモノ』(Cloudy Children)
監督:Reza Fahimi / イラン / 2014年
作品時間:18分4秒
ある小さな街で、2人の少年が手に入ることのない物たちを、 自分だけのものだと言い張っていたが、やがて、あらゆる手の届かないものを分かち合うこととなる。

■アジア&ジャパン ショートフィルム プログラム
 SSFF & ASIAが東京都との共催10周年を記念して製作した「東京ショートフィルムプロジェクト」3作品から『TOKYO SYMPHONY』を上映するほか、シンガポールを代表する若手監督のひとり、ロイストン・タン監督のルーツに迫る初期短編作品『D.I.Y』など、躍動感あふれる新旧のアジア作品にフォーカスしたラインナップ。
img_07496_02_Tokyo.jpg.jpg『TOKYO SYMPHONY』
監督:園田俊郎 / 日本 / 2014年
作品時間:14分2秒
キャスト:中山由香 、ミッキー・カーチス
音大の指揮科を卒業したエレナ。ある時、指揮者募集のポスターを目にする。オーディション会場を訪れると一人の老人が立ってた。老人は盲目の作曲家で未完の東京をテーマにした曲を完成させたいと 言う。

■アカデミー賞&カンヌ映画祭受賞ショートフィルム プログラム
 2015年度の米国アカデミー賞短編実写部門受賞作品『The Phone Call』、カンヌ映画祭の短編パルムドール作品『Waves ‘98』を国内初上映。映画好きにはたまらないハイクオリティな全4作品。カンヌ映画祭シネフォンダシオン1位受賞の『シェア』は、いま社会問題にもなっているSNS被害にあった女子高生の姿を描いた社会派作品。
img_07496_03_Share.jpg『シェア』(SHARE)
監督:Pippa Bianco / アメリカ / 2015年
作品時間:11分
自分の「映像」がSNSで共有されてしまった15歳の少女。学校では周囲の目線が突き刺さり、もちろん授業に集中なんかできるわけない。彼女の太ももを這う一匹の蟻―。

■アートショートフィルム プログラム
 「芸術の秋」にちなみ、アートをテーマにセレクトしたプログラムを設置。「OBEY」のステッカーや、オバマ大統領選のグラフィックが有名なストリートアートの巨匠シェパード・フェアリーの実話をモチーフにした『オベイ・ザ・ジャイアント』や、アメリカのコンセプチュアルアーティスト、ジョン・バルデッサリがカメラの前で、人生について、アートについて語る『ジョン・バルデッサリって誰?』などを上映。
img_07496_04_Obey.jpg『オベイ・ザ・ジャイアント』
(OBEY THE GIANT - The Shepard Fairey Story )
監督:Julian Marshall / アメリカ / 2013年
作品時間:20分
アメリカを代表するストリートアーティスト、シェパード・フェ アリー。ロードアイランド造形大学の学生だった彼は、アンドレ・ザ・ジャイアントのステッカーを街に貼り、アートのパワーがどこまで通じるのか試していた。そんなある日、学校の課題で、フォーチュンクッキーのメッセージを自分なりに表現するという課題が出る。当時のロードアイランド州都プロビデンスの市長再選を狙うバディ・チアンチのビルボードを見て、彼はある行動に出る…。

■ ハリウッドスターショートフィルム プログラム
 ケビン・スペイシー(『アメリカン・ビューティー』)、ジェイミー・ドーナン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)らが出演する作品やガエル・ガルシア・ベルナル(『バベル』)が監督を務めた作品などを上映。ビル・マーレイ出演作は、監督がビルに出会ったとき、サインの代わりに出演を依頼。スローモーションで歩いてくれとお願いしたところ快諾され1分のフェイクトレイラ―に仕上がった。
img_07496_05_Ventri.jpg『腹話術師』(The Ventriloquist)
監督:Benjamin Leavitt / アメリカ / 2012年
作品時間:10分36秒
腹話術師のフランクと相棒ミスター・ヒギンス。
フランクがある日コーヒーショップの女性に恋に落ちたとき、フランクの心の代弁者ミスター・ヒギンスが一役買う。ケビン・スペイシーが出演。

■観客が選んだショートフィルム プログラム
 観客の投票によって決まるオーディエンスアワード受賞作品は実力派の作品がラインナップ。オーストラリアの『インタビュー』は、障害者の方たちが映画制作を学び、プロとして活動できるようサポートする非営利組織、Bus Stop Filmsの作品。『ゴッサム ジャンブル パフェ』には、加藤雅也さんが出演。
img_07496_06_Interview.jpg『インタビュー』(The Interviewer)
監督:Genevieve Clay-Smith & Robin Bryan / オーストラリア / 2012年
作品時間:12分52秒 
世界を良くしたいと意気込む弁護士、トーマスの夢は、小さな法律事務所の公益奉仕部門で人のために仕事をすること。そんな彼が大手弁護士事務所で一風変わった面接を受ける。

 

<クリエイティブディレクター/映画監督 長谷部守彦氏によるワークショップ>

日時:10月18日(日)14時~16時30分 会場:東京都美術館 定員:230人
テーマ:『ショートフィルムと未来の広告』
申込方法:ホームページにて受付中

カンヌライオンズ2015フィルム部門の受賞作品をはじめ、話題となった映像事例を基に、世界で評価される映像制作のポイントや、審査員が評価したポイント、受賞の秘訣などを語る、広告業界人、映像マーケティング担当必見の無料セミナー。広告制作30年、エグゼクティブクリエイティブディレクター・長谷部守彦氏が、世界で受ける広告映像、ショートフィルムの未来を語る!!
img_07496_07_Hasebe.jpg講師:長谷部守彦
エグゼクティブクリエイティブディレクター
1986年博報堂入社後、コピーライター、CMプランナーを経て現職へ。これまでに数多くの国内およびグローバルでのブランディング/広告キャンペーンを担当する。Cannes Lions, One Show,D&AD, SPIKES ASIA, AdFest, AD STARSなどの国際広告祭において審査員を経験。ショートフィルム、本編製作にも関わり、昨年、映画監督としてデビュー作を公開。

<旅もじゃpresents日本“魅力”発見!>

日時:10月18日(日) 10時30分~11時50分 会場:東京都美術館 定員:230人
申込方法:ホームページにて受付中

旅動画投稿サイト「旅もじゃ」がお届けする、img_07496_08_tabimoja.jpg思わず旅に行きたくなる観光映像作品を上映!さらに、「旅もじゃ」公式キャラクター“もじゃ”をはじめとした、ご当地キャラもやって来る地域の魅力が満載のスペシャルイベントです。ご家族ご友人を誘って、あなたが知らなかった日本に会いに行こう!

かわら版

ロケ地検索

場所・環境から探す

都内のロケ地候補を場所・環境別にご覧いただけます。

さらに詳しい検索を行う

ページトップへ

東京ロケーションボックス

  • 住所:〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階(公財)東京観光財団内
  • 電話:03-5579-8464
  • FAX:03-5579-8785
  • メール:ml-tlb(at)tcvb.or.jp
    ※(at)を@に変えて送信してください。
  • 窓口開設時間:月曜日から金曜日 9:00~17:45
    ※土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休業日です。
  • Film Comission Portal 都内フィルムコミッションのロケ地ニュースはこちら 新しいウインドウが開きます
  • & TOKYO 世界一の観光都市、東京へ はこちら 新しいウインドウが開きます
  • 東京の観光公式サイト GO TOKYO 新しいウインドウが開きます
  • 東京ロケたび TOKYO LOCATION GUIDE 新しいウインドウが開きます
  • 東京映像素材 新しいウインドウが開きます